性病によるおりものの臭いの解説

陰部の悪臭の要因の大半は、汗や雑菌です。しかし性病のせいで臭う場合もあり、その際は臭いがより酷くなる傾向にあります。

性病検査の前に行うべき事

万全を期すならば、陰部の悪臭が気になったら、必ず即座に産婦人科等で性病検査をしてもらべきです。しかし現実的には、陰部が臭ったからといって毎回医療機関に出向くわけには行きません。

陰部はジメジメしていて臭いやすい場所ですから、キリがありません。それに、いくら相手が商売で行っていても自分の陰部を触ったり見られたりするのは、やはり恥ずかしいものです。ですから、まずは自己診断を行ってみましょう。

◇性病が気になる場合の自己診断の手段
性病の中で、やや発生しやすいものとしては、カンジダ膣炎、トリコモナス、クラミジア、淋病などがあります。そして、実はこの4つの性病に関しては、自己診断を行うための専用アイテムが存在します。

◇専用アイテムを用いる場合の手段とコスト
検査機関によって多少手段とコストに差異はありますが、大きな隔たりはありません。専用アイテムの試験管の中に、膣口の側にある分泌液を入れて郵送すると、性病に感染しているのか否かをチェックしてもらえるという仕組みです。

そして、コストはおよそ7千円~1万円といったところです。病院のそれと比較すれば多少費用がかさみますが、自分で確認できるという利点を考慮すれば、このくらいが妥当だと思います。

結果はメール・TEL・郵送(選べる事が多い)のいずれかで分かります。大抵1週間以内に結果が判明します。

もしも性病にかかっていたら

放っておけば、ほぼ間違いなく症状が悪くなっていきます。もしも性病にかかっていたら、即座に医療機関に出向いて治してもらわなければなりません。

ちなみに、性病の兆候は悪臭だけではありません。おりものの粘り気や色合いの異常、出血、強烈な痛みや痒みも兆候と言えます。

いずれの場合も、無視せずすぐに解説してきたような対応を取って下さい。

コメントは受け付けていません。