30代になったアソコの悩みについての話

「女性は30歳から」というような風潮も何となくある昨今ですが、この辺りから、女性の体質はだんだんと変質するようになります。特に陰部、もっと言えば「陰部の臭い」がやや大きく変わるかもしれません。

30代頃から女性ホルモンが活発になる

この頃から体質が変わり始める一番の原因は「女性ホルモンの活発化」にあります。これにより、婦人科系統の器官の代謝も上がるのです。つまり「陰部の臭い」も強くなりやすくなるのです。

ちなみに、全年代の中で30代女性のおりものの分量が一番多いと見られています。陰部の臭いが酷くなりがちなのも頷けますよね。

◇基礎的な対策は?
蒸れやすい梅雨時や、汗をかきやすい夏場は、特に陰部を綺麗にしておくことが重要です。陰部は構造上、蒸れて臭いが強くなりやすいので気を付けましょう。特に入浴時には、陰部を適切に洗いたいものですね。

色々飛躍したケアを試みる前に、まずは「洗う」という基礎的な事に取り組みましょう。

 

◇洗浄方法やおりものシートの材料には気を付けましょう
とにかく繊細な部位ですから、気を付けて洗ったり、オリモノシートを用いたりしましょう。まずジメジメしやすい梅雨~夏場には、化学繊維のおりものシートは避けるようにして下さい。できれば1年中ですが。

また、洗浄能力が高すぎる石鹸で洗うと、膣の中の細菌の調和が乱れる可能性があります。ですから、皮膚への刺激が少ない石鹸を用いるようにしましょう。

そして悪臭を軽減したいからといって、力を込めてゴシゴシすると、皮膚が傷ついて結果的にかえって悪臭が酷くなる可能性が高いです。とにかく「繊細」な部位であるという事を念頭に置いてくださいね。

コメントは受け付けていません。