固まりのおりものは何かのサインかもしれない

ゼラチンのような見た目で少しねっとりしているのがおりものですが、ニオイや色は人によって違ってきます。

液状で出てくるのが普通なのですが、今回は、たまに発生する固体のおりものとはどういったものなのかを説明します。

■固まりで出てくるおりもの
当然のようですが、おりものを構成している水がどれくらいの多さなのかでおりものの様子は変わってきます。多ければサラッとしたもの、それより少なければドロッとしたゼラチンのような感じになります。

固まりとなって出てくるのはさらに水が少ない時で、水っぽいものと、この固まりのものの中間のおりものが、ゼラチン質のおりものです。

◇どんな時に固まりになるのか
おりものの様子の中でも、固まりとなったゼラチン質のものが出てくるタイミングは、排卵の時期です。これは、おりもののネバネバが強くなるのがホルモンのバランスの影響を強く受けた排卵の時期だからです。

乾燥が進みやすいのもこういったネバネバが強いおりものです。膣の中で乾いた結果、固まりとなって出てきている可能性もありますが、多くのケースは心配不要で、疾患というものではないことが大半です。

ですが、まれに疾患の疑いがあるケースもありますので、このような固まりのおりものが出た時に知っておきたいことを以下で紹介します。

 

■こんなおりものの時は要注意
固まりのおりものの中でも疾患を疑った方が良いものがあります。この機会にそういったケースのおりものの性質を知っておいて損はないでしょう。

◇激しいニオイと黄色っぽい色を伴っているもの
子宮頚管炎を患っていると、激しいニオイを感じる黄色っぽい色の固形のおりものが出る時があります。ですが、固まりのおりものだけでなく、水っぽいおりものが出ることもあります。

そのような時でも同じくニオイがきつくて黄色っぽく感じるもので、これはこの病気のケースではどんなおりものでも見られる特徴なので、おかしいと感じたらすぐに専門機関で診察を受けましょう。

とは言え、おりものだけではジャッジしにくいのも事実ですね。このようなおりものだけでなく、さらに生理期間でもないのに血が出たり、お腹が痛いと感じたりした場合はますます子宮頸管炎の疑いは強くなります。

この感染症の疾患を治療せずにいると、さらにニオイが激しくネバネバが増した膿となったおりものになり、病状は悪くなる一方です。

◇白くにごったもの
カンジダ膣炎を患っている時に、白くにごってポロポロとした固まりのおりものが出る時があります。

カンジダ菌は、膣の中にいつもいる菌です。普段は大丈夫でも、カゼなどで身体の調子が弱っていて、本来のバリア機能が低くなっている時に患ってしまうことがありますが、セックスによってうつってしまうケースもあります。

このように、患っている病気を、おりものが教えてくれる場合があります。短期間で通常のおりものに戻る場合はまだしも、いつもとは異なったおりものが出る期間が長引くときは、そのままにしていてはいけません。

きちんと専門機関で医師に相談し、判断してもらうようにすることが賢明です。おりもの 臭い 改善

 

コメントは受け付けていません。